家庭菜園の収穫


ゴーヤとトマト。

ツーゴーヤ。
スリートマト。

日米逆さま。

ミサイル、予算が出る。
目が笑う、逆算。

下関国際、三本松。
高校野球、8/13。

ノーアウト、三塁。
一回の表。

フィリピンがミサイルを。
逆さま。

創業大正十五年 あんみつ


大正十五年。
もう死んだ祖父の生まれは大正生まれ。
何年生まれかは正確な記憶ではない。
誕生日は記憶にある。

誕生日に食事をしたこともある。
晩年の。

たった数十年の歴。
勤続年数の。

従業員がいない。
創業歴がいらない。

お金がいる。
分からないから止めない。
M&A。

都会の仙人が言うはず。

田舎の仙人、都会の。
逆さま。

分からないから止める。
公務員の。

都会の仙人が言うはず。
逆さま。
分かるから止める。

公務員がいらない。
M&A。

焼け野原がいらない。
過疎がいる。

お金で消える。
数十年程度の歴、田舎の。

十年程度の創業歴、悪いものでないはず。
過疎地に引っ込む。

仙人なら。

焼け野原、お金の。
誰かがお金を受け取っている。

数十年程度の歴は田舎では消える。
過疎の仙人の。

勤続年数が社畜。
頭がシャッキとする。

遷都、M&A。

創業100年のあんみつ屋の山口店がいる。

吉田松太郎。
生きるお葬式。

万年湯のカード


万年湯でカードをシールをもらう。

「捨てたら?」
「記念に取っておく。」

収集癖はないけれど、
次にいつ行くか分からない万年湯。

取っておく。
捨ててしまいそう。

一枚だけ。
大切なもの。

過疎地のおじいさん。
みんなで遷都。

おじいさんの村。
大切なもの。

日本の現風景。

ホンモノが平伏す。
村八分の逆さま。

仙人。

個人情報、おじいさんの。
おじいさんの個人情報はいらない。
「そろそろ車へ戻りましょう。」
みんなで銭湯。

ゴーヤの収穫


ゴーヤの収穫。

田舎の口はバカがいる。
逆さま。

ホンモノは口がいらない。
ホンモノの口は逆さま。

焼け野原。

バカがいらない。
田舎は止める。
分からない話は止める。
公務員が常識。

真面目に働く。

政治の。
田舎に政治家が来る。
絶対、情報が流れる。
誰も分かるわけがない。

一回も口を滑らすことはない。
仙人なら何回も口を滑らすはず。
逆さま。

僕の耳には入らない。
市営住宅で止まっている気配はする。

相談、田舎の。
誰かに止めてほしい。

田舎が止める。
田舎の口は逆さま。

止めない。
焼け野原。

田舎の口がいらない。
田舎がきれいサッパリ。

焼け野原の。

何にもいらない。
車の虎。

飲酒運転中。

都会へ出る。
意気揚々と。

焼け野原の戦犯。
すぐそこ。

歴がいる。

勤続年数がいいもの。
職場が家。
職場で何か起きる。
家族は何も知らない。

カードローンと。
怪物の。

退職後に地縁がいる。
無料、苦労の。
地縁に届く。
班長がいいもの。
数人のポテンシャル。
だいたい、勤続年数の経験則。

地縁、組織の。

地縁、子供の。
孫がいる。

誰もいない田舎に子供が都会から帰ってくる。
地元住民はうれしい。

過疎の思い込み。

勤続年数の話はまだ地縁がない。
子供の学校での話が貴重な。

情報がいる話、公明党の。

孫はあんまり感じないはず。

勤続年数はプラチナカードに届くはず。
おじいちゃんの。

孫が頭がいいの。
孫がかわいいの。

トマトの収穫


トマトの収穫。

痛くない。
痛いけど痛くない。
仙人。

仙人は誰も止めない。

田舎に情報が入る。
誰も止めるわけがない。

分かるわけがない。
焼け野原。

仙人も分からない。

山口を出ると山口がバカに見える。
パワースポット。
山口のホンモノは出れない。

出たら帰れない。
田舎の口の。
逆さま。

焼け野原。

田舎の口が仙人の口。
バカがいらない。
田舎の口は逆さま。

戦争が起きてることも知らない。
仙人。

庭のレモン


数日前のレモン。

去年は一つもできなかった我が家のレモン。
花は咲いていたので、できるとばっかり。
てっきり。

今年は二つ。
たった二つ。

数がいらない。
大切なレモン。

日本に人口がいらない。
戦争が起きてたことも知らない、
山奥の遺伝子の。

戦争が起きてたことも。
仙人。

仙人の口は逆さま。
分かる人には分かる。

田舎の口は逆さま。
分かる人には分かる。

分かるわけがないから仙人の念力。
焼け野原になる。

遷都がいる。

何にもいらない。
仙人。

エースカードがいらない。
プラチナカードが届く。

カードローン持ちに届く。
ショッピング枠の現金化。

枠がいらない。
だいたい。

カードローンがいらない。

プラチナカード、世界の。
片道切符ではないはず。

持ち家ではあるはず。
もろもろ。

総合的の。

勤続年数に片道切符ではないはず
プラチナカードがいるはず。

先人の。

家庭菜園のフルーツトマト


フルーツトマトと普通のトマトの二本植える。

普通のトマト、桃太郎。
高崎の名産トマトの桃太郎。


トマトぐらい、どこでも。

はなっこりーが山口の名産。
目先を変える、何か起きる。

スティックブロッコリーじゃない?
はなっこりーの使い道。

トマト、パスタ、小麦粉。

いつまでも待つ。
天下国家の。

公務員試験がいる。

クレジットカードが片道切符。
怪物ランドの。

片道切符がいらない。
田舎はクレジットカードがいらない。
山口市は田舎。
エースカードがいらない。
北九州の。

山口銀行は届かない。
公務員の。

公務員試験がいらない。
職業の農民がいる。

農民は身分。
武士の。

クレジットカードが片道切符。
餞別。

僕もバカにされている。
カードローンが餞別。

いつか…。
必ず、期限がいらない。
カードローンの。
天下の農民の。

いつでもは待てない。
山口の名産、桃太郎の。

桃がいる、山口の名産。

クレジットカード持ちが山口に残る。
カードローン持ちが山口を出る。

昨日から。

カードローンが片道切符。
昔から。

山形のサクランボ


山形のサクランボをのせる。

ANAカードで支払っているインド人風を見かける。
まいばすけっと。

ANAカード、ホンモノ。

コープのクレジットカードに
申し込もうと思ったことはある。
申し込み用紙をもらって帰る。

コープのクレジットカードが
できたばかりのころ。

姉が止める。

エースカード。

遡ること、コープのクレジットカードができる前。
原付きを乗っていたころ。
車はあんまり乗ってなかったころ。
乗ってはいたけれど。

階段を上がると受付。
見渡す限り申し込み用紙がない。

透明な板の向こう。
「エースカードの申し込み用紙を下さい。」

女性店員が怪訝な顔をする。
申し込み用紙をもらいに来る人はいない。

申し込みはしてない。

ドトールの販売機


この部屋の片隅にドトールの紙コップの販売機がある。

阿知須サンパークで数回、買ったことがある
ドトールの紙コップのコーヒー。

帰りの車の中。
運転中。

21周年、苦労真っ只中。
阿知須サンパーク。

たった20年。

僕も10数年から時々。
僕の、思ったことはない。

20年前にも行ったことはあるはず。

時々阿知須サンパーク行っている話を
した場所は記憶にある

当時25歳程度。
誤差はある。

今はJA。
JAの前の店舗が何だったか、
覚えてない。

ヴィトンを売っていた店があった。
阿知須のホンモノはヴィトン。

絶対、買った人はいるはず。

クレジットカードの申し込み用紙を
持って帰ったこともある。
結局申し込み込みはしなかった。

オリコカード。
小生も持ってはいる。

らくらくカードはポケットカード。

前身のマイカルカードは欲しいと
思ったことはある。

当時すでに再建中。
手が出ない。

マイカルシネマの。

シャッターの閉まった商店街。
何を勉強したらいいでしょうか?

公務員試験。

ナフコもいらない。
イケアがいる。

山口を出たい。
大学受験。

山口のホンモノは出れない。
バカに見える。

なるほど、なるほど。
なるほどね。

思うわけがない。
ホンモノは帰れない。
怪物ランド。

ポケットカードが片道切符。
返せばいいだけ、イメージ。

苦労がいる。
阿知須サンパークの。

長机がいる。
ファイナンシャルプランナー。

苦労、お金の。
勉強がいる。

くらしらくらくは公務員。
ポケットカード。

マイカルシネマにも行けない。
阿知須サンパークの。
オリコカード。

映画館がいる。
JAF割引サービスの。
イメージチェンジ。

あじぱゴールドカード。
山口の割引が満載。
年会費3000円。

山口の税金を少し入れる。

前年度、一回ショッピング使用で年会費無料。
年間10万円以上で、あじぱラウンジの。

申し込む気にはなる。
あじぱラウンジがいる。

もう忘れかけている。
この販売機でコーヒー一杯、
コーンスープ一杯を買う。

やっぱり忘れかけている。

定価のドトールの紙コップの
コーヒーだった気がする。

阿知須サンパークのドトールの
紙コップのコーヒーの値段。

21周年記念。

値段がいる。
日付がいらない。

値段は貴重な。
日付、僕の。

ピーマンの肉詰め


ピーマンの肉詰め、好物ではない。
好物ではないけれど、
ママの味と思ったことはある。

姉は作る気がない。
母の味。

円形脱毛症になって二回目の散髪。
阿知須のサンパークに行く。

7/31。

阿知須サンパークに勉強スペースができている。
学生時代だったら利用していただろうか?とは思う。
クーラーの利いた涼しいところで。

僕の母が僕に言いそう。
「家で寝てばかりいないで。」

分からないところがあったら、
本屋へ行こう。

イケアのレストランで学生が勉強している。
こっそりと。

「空き店舗が増えてるよ。」

「靴下売り場がなくなってるね。」
「カメラ屋がなくなってるね。」

「ここのスペース何だった?」

10年以上は阿知須サンパークに来ている。
カッパ寿司があったは知っている。
食品売り場がなくなった一大事も知っている。

阿知須サンパークに時々行っている話を
すると眉間にシワが寄る。

「何で?」
阿知須の。

セーラー服を着たおじさんがいる話も
聞いたこともある。
見たこともある。

祖父母と電車に乗って来たこともある。
小郡で乗り換え。

交通量。
渋滞がいらないの。
ゆめタウンは人が多い。
阿知須サンパーク。

渋滞が逆手。
坂の上。

「いつかイケアが来るんじゃない?」
言ってはない。

「スタバが来るんじゃない?」
言ってはない。

空き店舗、先人の苦労。
歴がいる。
口がいる、ストレス。

先人に口がいらない。
セーラー服がいる。

何か起きはする。
核店舗がいる。

上の坂上。

100円ショップのリニューアル。
7/28。

トライヤルが来るんじゃない?
こっそりと。

「勉強スペースがなくなってるね。」
夏休みの期間限定。

セーラー服のホンモノは家にいる。
ママとの関係良好。

変なおじさん、先人の。
口がいらない、ご苦労。

変なおじさんの子供に
何か起きる気はする。
公務員志望。
勉強、公務員試験。

子供がいない。
自分で着るセーラー服がいる。

ホンモノは出歩けない。
家が涼しい。

冷房がいらない。
鈍器がいる。
オシャレは足元から、長靴。

長靴、鈍器、顔。
目線の動き。

メガネがいる。
今日は休み。

コンタクトが本番。
今日は仕事。

目と目の。

足元からの目線。
顔の。

おじさんの勉強スペース。
「何を勉強をしたらいいでしょうか?」

下の。

どうもん阿知須店ができる。

上の。